[PR] 入院 東京 作品置き場 ... 今、こんな感じです byオクヤ
FC2ブログ
Fateのファン作品置き場(ただし、BL要素多大に有) CPとしては弓士中心。 (時々碧羅が槍弓とか、他のCPをかいています) 掲示板がわりにコメント書いていただけると喜びます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
堕落~★
自堕落~♪

(続きにて 弓士 今の自分と似た感じ?)

―――

日溜まりの縁側、渡り廊下に頭を付けて足はつっかけのまま
踏み石の上でぶらりとしてる。
横になった視界の先には、洗濯物を干す男の背中。
無駄の無い逞しいラインを目線でなぞりながら、ぼんやりと
穏やかな気持ちに満たされる。
「―――何か……俺、物凄くマッタリしてないか?」
だらけるのは何だか久しぶりだ。
いつもなら何がしかの用事やら雑務に追われていたのに、こう
堕落し切ることは滅多になかったんだけど。
「あでっ!?」
日溜まりにゴロンと体勢を変えた途端、横を向いたせいで上に
なった側頭部に重みがのしかかる。
「―――ほお、随分と堕落し切っているではないか。」
その重さが空になった洗濯物籠だと分かると、俺の頭に押し
付ける男の見下す視線とかち合った。
「籠でちょっかいかけるなバカ、そしてさり気にグイグイ押し
付けるなよ!」
「あぁすまんな、床に置こうとしたら貴様が居てね。目測を誤って
しまったよ、あまりにも敷物のように同化していたのでね。
―――踏んでほしいのかと思ったよ。」
「そんな趣味はおまえだけだろ?」
「心外だな、踏まれるのも踏むのも好まん。
―――寧ろこうして……」
「ぐえっ!!」
「乗っかる方が好ましいかな?」
「重っ!おもいぃ~!?ちょっ、全体重かけんなっ!
ギブ、ギブぎぶぅ~!!」
「ふふはははっ!無様に惨めに足掻くがいい!!」
「ぎゃあ、何かキャラ違うだろう!?」
「何……おまえに関してならば色々と本気だ。」
「な~に~が~さ~!!?」
ジタバタジタバタともがく俺に、親亀子亀よろしく子でもない
デカい男は覆い被さり。
「おまえの堕落に、私も付き合わせてしまえ。何、今日は
幸い快晴だ。―――絶好の午睡日和だ。」
「絶好の午睡日和なら退・けっての……どうせ寝るならほら、
こうした方が空も見れていい。」
背中の重みから抜け出し仰向けになれば、男も隣で同じよう
に天を仰いで寝転がる。
「あぁ……綺麗な空だ。」
「だろ?たまには、そうたまにはこういうのも……悪くない。」


(たまにはいいけど、毎日はダメだろう凹)
(でも本当、ナマケモノらいふデス★)
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://setuna123.blog52.fc2.com/tb.php/328-5bd4011a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 作品置き場 all rights reserved.
カウンター
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

風霜碧羅&磺憶耶

Author:風霜碧羅&磺憶耶
Fateの女性向け同人サークルの作品置き置き場用ブログです。
中心は弓士。(碧羅が槍弓をかいたりもしますが)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。