[PR] 入院 東京 作品置き場 ... ようやく沈静化か? byオクヤ
Fateのファン作品置き場(ただし、BL要素多大に有) CPとしては弓士中心。 (時々碧羅が槍弓とか、他のCPをかいています) 掲示板がわりにコメント書いていただけると喜びます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は色んな意味で疲れましたが、有言実行ガバショ♪
面白い話はないのですが、ちょっと悲しいことがありました。
職場の絵が変わってしまった凹
配色が弓士のお花の絵に代わり、綺麗な風景画に差し替え。
複雑な心境ですが、暖かくなってきたので清涼感のある絵は良いのです。

一枚あるだけで随分と職場の様相も変わりますが、絵の内容の変化も
また然り……絵を描ける人が羨ましいです、一瞬で印象をガラリと変える。
文章では中々難しいですからね、絵は見る人を引き込みますが、文章は
見る人を考えさせなければならないですからね。

私は思いのままなので、ちっともそんなこと考えやしませんが(苦笑)
読む方の素晴らしい想像力に委ねるのみです☆

(続きにて 4月13・14日のタイコロねたばれ 慎二ルート 衛宮様★)


――――

多大なる注意:タイコロのねたばれ 慎二ルート 衛宮様
         このフレーズで言うとぶっちゃけ 慎二←衛宮様←言・槍・弓
         という異様な式図になるオクヤ的混沌思想、多分二番とか十番煎じ(笑)
         そして全員、容赦なくキャラが壊れてます、寧ろ壊してます。
         初っ端から拒否反応が出ましたら、即刻読むのを中止して忘れましょう★

上記の注意を読んで、それでも大丈夫な方はどうぞ☆
今回は、かなりキャラ崩壊なあの御方がちょっと登場(苦笑)


「闇のモノは闇らしく、地を這ってるのがお似合いなのさ。」
傲慢で不遜な物言いも慎二ならば全てを許されてしまう。
「慎二、止めるんだ。」
だけど俺だけが唯一、彼を咎めなければならない。
慎二の輝かしい光を汚さないために、俺が代わりにならなければならないんだ。
「衛宮、僕の邪魔をする気かい?」
「そうじゃない、慎二が気にかけることじゃないだろう。――――これは俺の役割だ、
慎二は闇のモノに目を向ける意味は無いだろう。」
慎二の威光に平伏す闇のモノ、絶対的な脅威に戦慄く男の姿が滑稽であった。
「はっ、そうだったね。闇のモノなど僕が目を止める価値も無い。衛宮、後始末は
おまえに任せてやるよ。」
そう告げて翻す慎二の信頼に俺は心を安らげながら、彼に仇成す闇のモノを冷淡に見下した。
「――――あいつの光に敵わぬと知り、それでも何故……貴様は暴挙に出た?」
「ひぃっ!……わ、私は……私はただ、ここでひっそりと暮らす者でございます。
――――光の御方が突然、私に威光をお放ちになられただけなのです!」
「――――それは真か?」
訴えかける男は怯えながらも目を逸らさない、俺は剣を収め深く溜め息を吐いた。
「また慎二の気紛れか……」
光は闇を払う、だが最近の慎二は過剰なほど徹底して闇を排していた。
「闇のモノよ、こたびは不問と処す。――――命が惜しくば早々に立ち去るがよい。」
「ぁ……」
這いつくばる闇を放り、俺はその場を立ち去った。
光ある限り闇は消せない、適度に払う分ならば俺も咎めやしないのだが。
「本当はヤツのために代わったのではない、おまえは自身のために闇を放ったのだ。」
「――――っ!?」
胸の奥に蠢く不快な感触、囁く低音が誘うように俺に語りかける。
「貴様っ!」
「なぁ衛宮士郎、気付かないとは言わせないぞ。――――闇が排される度に蠢く、
対なるモノとしての衝動。」
背後から抱き竦める腕が、俺の胸を嘲笑うようになぞった。
「光が強くなれば闇も深まる、排した分ほどに濃い闇が生まれしまう。」
耳元に囁く声は粘つく熱さを吹き込み、俺の身体を羽交い締めて絡みつく。
「いい加減自覚したまえ、逸らし続けていれば何れ貴様は私に辿り着く。
――――そうなってからでは何もかも遅い、私はおまえに同じ過ちなど……」
「――――戯れ言を!俺はおまえなど知らないっ!!」
一喝すれば、傍らに在った気配が希薄になる。
「あぁそうやって意地を張り続ければいい、貴様を否が応うなく私を呼ぶ。
――――その証拠に、私はいつでもおまえの傍らに在るのだから。」
「るさいっ!煩いっ!!」
高笑う声が薄れて尚、俺の中で響き渡る不快な音に何度も頭を振ったことか。


――――

本当は神父の語りがメモ帳の最初にあったのですが、衛宮様視点を
先にした方が分かりいいかと思い暫し封印。
本当にもぅタイコロ慎二ルートの何が嵌ったって、下っ端言峰なあのお声!
頑張って悪々してる士郎さんに負けず劣らずの、あのアワワっぷりは
何度見ても笑ってしまゼ☆中田さん大好き、ありがとう♪
普通な神父は書けないですが、あんな神父ならメッチャ書ける。
碧羅さん、こんなネタな言士とかやっぱりダメだよねぇ?

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://setuna123.blog52.fc2.com/tb.php/280-aa126c1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 作品置き場 all rights reserved.
カウンター
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

風霜碧羅&磺憶耶

Author:風霜碧羅&磺憶耶
Fateの女性向け同人サークルの作品置き置き場用ブログです。
中心は弓士。(碧羅が槍弓をかいたりもしますが)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。