[PR] 入院 東京 作品置き場 ... 取り敢えず byオクヤ
Fateのファン作品置き場(ただし、BL要素多大に有) CPとしては弓士中心。 (時々碧羅が槍弓とか、他のCPをかいています) 掲示板がわりにコメント書いていただけると喜びます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イベント追記を書き終えつつ(下の記事)
倉庫からゴソゴソ漁ったら何か出てきたので乗っけてみましょう★

(続きにて 弓士 Karmanでラストカットしたねた 半端注意報)
――――

剣の丘、赤い外套の男と白い外套の青年は永き刻を経て邂逅する。

繰り出される剣戟の、その一撃一撃が研ぎ澄まされていて重く。
舞うように美しい軌道を描く太刀筋を、防ぐことが精一杯だった。
男から得た経験による直感。
今自分が辛うじて受け止められるのは、
吸収してしまった情報が身体に染み付いてしまっているからだ。
甘かったな、全部削ぎ落としたつもりだったのに――――まだ残っていたのか。
ひとつを極めた男が長年をかけて完成させた、己に一番合う戦い方。
例外無く、それは俺に最も馴染む型。
けれど敢えて捨て去った、男の後ろ姿を追うのではなく守るためにと封じたんだ。
「――――同調、開始!」
見えぬ剣に呼吸を合わせ、俺は男へと踏み込んだ。
迫り来る黒と白を、叩き伏せるように剣を揮う。
舞うような太刀捌きの調子を崩し、烈火怒濤に打ち込んでゆく。
疾風の如き速さを、雷光の如き轟きに、魂を込めて重き一撃一撃を浴びせかける。

それは男の剣戟とは違う、誇り高き王の剣戟。
『シロウ、私の剣を貴方が手にすることを許しましょう。』
清冽な少女が持つ、黄金の輝き。
『しかし、その剣を持ち戦うのは己の矜持のため。』
それは彼女の誇り。
『忘れないで下さい、貴方は唯一つの誇りのために剣を揮うのです。』
これは、俺の誇り。
だから汚してはならない。
彼女の誇りを傷つけないためにも、
自分の誇りを守るためにも、
俺は男の戦い方ではなく彼女の戦い方をしなければならないんだ。

「うぉおおぉぉおぉぉっ――――!!」
猛攻する俺へ、男は動かぬ表情で受け止め続ける。
しかし太刀捌きに舞うような余裕は無く、双剣が仕掛ける猶予も無い。
当然だ、男は戦う者ではない。
まして彼の特性は剣士では無く弓兵、■の英霊に敵う道理は無い。
見えぬ剣を一心不乱に叩き込む、止まることなど無い、止まることなど知らない。
刀身に纏われた風が、速さについてゆかずにブレていた。
見え隠れする輝きに、双剣を交える男の顔色が変わり始める。
見間違えるはずがない、けれど担い手は目の前の青年とは違う。
男の知る剣の使い手は少女、美しい顔と碧眼を持つ清らかなる騎士。
では目の前にいる男は、一体何者なのか?
一途な剣の軌道、ただ一心に自分へと揮われる一撃。
少女に似ても似つかない容姿は、しかし剣を交えるごとにブレて重なる。
「……ぃ……バー……」
唇が勝手に紡ぐ。
「イ、バー…………セイ……バー?」
尊き少女を呼ぶ名を、己に似た青年に投げかけ。
「アーチャー。」
呼ばれた声に気を削がれ、双剣を叩き斬られた。
無防備になる身体、迫り来る見えざる剣。
貫かんとする切っ先を、急造した剣で弾かんと投影を試み。
「理想を抱き――――」
だが間に合わずに突き刺さる。
胸を貫く衝撃に目を閉じた男は、思っても見ない感触に見開いた目を疑った。
「――――在り続けろ!」
己を抱く青年の両腕。
見えざる剣は地に落ちて、その姿を露わにする。
そこには鞘に収められたままの剣。
彼女の剣は青年の鞘に守られたまま、男へと振り翳されたのだ。

――――
(戯言解説 真に受けてはならない 以下反転)
世間一般で言われる白弓な士郎さんに乗っかってしまったKarman(笑)
他の素敵な白士郎さんとは比べようにならないほど、思いっきり勢いで
書きましたが私的イメージは弓兵じゃなく剣士方向へいった士郎さん。
脳内弓ルート別離エンドでセイバーさん現界の変則UBW。
自分に一番合うはずの男の戦い方を敢えて削ぎ、セイバーさんの戦い方を
模倣し、彼女との別離後も剣と鞘から学び続けた白い外套セイバー。

……わ~、何かスッゴイ自分でもめためたな設定って分かる作り凹
アーチャーさんとの対決は勝っても上な感じでもヨシ、負けても白い
外套が染まってエミヤさんが自分と同じだなと無意識な涙でもヨシ!
自由だっ!ってことで……あぁお酒の力って怖いデス★


スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://setuna123.blog52.fc2.com/tb.php/272-5d1ee838
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 作品置き場 all rights reserved.
カウンター
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

風霜碧羅&磺憶耶

Author:風霜碧羅&磺憶耶
Fateの女性向け同人サークルの作品置き置き場用ブログです。
中心は弓士。(碧羅が槍弓をかいたりもしますが)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。