[PR] 入院 東京 作品置き場 ... 只今帰還いたしました♪ byオクヤ
FC2ブログ
Fateのファン作品置き場(ただし、BL要素多大に有) CPとしては弓士中心。 (時々碧羅が槍弓とか、他のCPをかいています) 掲示板がわりにコメント書いていただけると喜びます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、只今帰ってまいりましたオクヤです。
大阪……最初はどうなることかと思いましたが、結構何とかいくものです。
本人は結構舞い上がっていて、とても楽しかったです。

主催者様、スタッフの皆様ご苦労様です、お疲れ様でした。
サークル参加の皆々様もお疲れ様です、頑張りました。
そして寒い中、頑張って並び訪れた方々へ、頑張りましたね大変お疲れ様でした♪
わざわざサークルにお越しいただいた方も、素敵サークル様とのついでにいらした方も、
本当にありがとうございます、チラ見でも何でもとっても嬉しかったです。

それから碧羅さん、今日は本当にお疲れ様でした。
色々ありましたが終わり良ければ全てヨシ!私は色んな経験が出来て楽しかったヨ☆

また機会があれば大阪に行きたいなと、そんな風に今は感じております。

(続きにて 大阪の様子、私的な独断と偏見+新刊への嘆き・苦笑)
――――

最初ドタバタして慌てふためいておりましたが、東京と感じが違うなぁと思いました。
温かい会場だったせいもあるんでしょうが、何か……穏やかな気がいたします。
東京は会場寒かったですからね、とても快適に過ごさせていただきました。
それから憧れのサークル様と初めてお隣になってしまいました。
今から思うと失礼なことしてなかったかガクガクしてます、動揺していたせいでキチンと
ご挨拶出来なかったことが悔やまれますね凹

後は、珍しく弓士一式買い揃えてくださるツワモノ様がいらして驚きました。
い、いいんでしょうか!?と内心ドキドキでしたが、少しでも楽しんでくだされば
いいなぁと願っております。
それから差し入れもいただきました、大変美味しく食させていただきました♪
実は物凄く空腹状態だったのでとても助かりました、朝ご飯のエネルギーが着いた時点
で枯渇していたので大変有り難かったです。
しかも感想までいただいてしまった……嬉しいやら恥ずかしいやらです、下巻頑張ります
とお伝い致します(でも予定は未定凹)

それから、これは私個人的に一番嬉しかったのですが。
碧羅さんにスケブを頼んだ方の、彼女の絵が好きだというのは我が事ながら本当に
嬉しかったです。
私も彼女の絵に惚れ込む一人なので、碧羅さんと相方出来る自分の幸せを噛み締めて
しまいました(笑)
色々と忙しいとは思いますが、是非絵の方も色々と描いていただきたいと切に思います。

 東雲について(ネタバレ反転)
 ゴメンナサイ、碌に誤字脱字テェックが終わらなかった凹
 そして最後の8ページは一日で書き上げた大馬鹿太郎デス★
 本当はぇろをもっと濃くしたかったのに、出来なくてスミマセン!
 全体的にキャラ崩壊してしまったこと、本当にお詫び申し上げます。
 ――――当初の予定は初夜風味だったのに・ね♪(遠い目)


はい、そんなこんなで初めての大阪&飛行機。
とっても嫌な思い(飛行機酔い)と良い思い(夜景が綺麗かった♪)の両極を味わいました。
最初は本当に緊張しっぱなしで、気を抜いたらヘタリ込みそうでした。
でも帰りは緊張が解れ、とても穏やかな気持ちで帰ることが出来ました。
仕事の関係上、中々遠出することは出来ませんが。
機会があれば今度はゆとりを持って訪れたいなと思いました。

長々とスミマセン、まだ興奮冷めやらぬです。
色んな元気や萌えや勇気を貰ったので、それを糧にまた頑張りたいと思います。
お疲れ様でした、そして改めましてサークルにわざわざ足を運んで下さりまして
本当にありがとうございました。
いっぱいいっぱいのお土産を、これからにいかせればと思います♪
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://setuna123.blog52.fc2.com/tb.php/258-5a5ee412
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 作品置き場 all rights reserved.
カウンター
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

風霜碧羅&磺憶耶

Author:風霜碧羅&磺憶耶
Fateの女性向け同人サークルの作品置き置き場用ブログです。
中心は弓士。(碧羅が槍弓をかいたりもしますが)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。